Blog ≫ 三井ノート  

サージェントペパーズについて

こんばんは。デイブデイビスです。

今年はサージェントペパーズの発売から50周年ということで、またまたリマスター盤が発売された。

028

と、いうことで早速買って来た!

029

まず、最初に思ったのが「でけー、、、。」だ。

近くにマッキ―があったので対象物として置いてみた。

この音源がデータだけの時代にこの存在感!実にロックだ。

さあ! 開封してみよう!

030

まずはマスターテープの様なジャケットが登場した。

凝ってるなぁ。

034

次に、ポスターが登場!

035

一体このポスターをどう処遇すればよいのだろうか、、、。

もしかしたらこの写真は今まで未発表で、今回初めて発掘された写真なんだろうか。

だからオリジナルを尊重して画質ボケボケなんだろうか。

いつも思うんだが、なんで記念版とかに付属してくるポスターはこんなにクオリティが低いんだ!?

036

前に買ったマジカルミステリーツアーに付いてきたポスターなんか、アルバムジャケットをカラーコピーして引き伸ばした様な画質の荒さだ。

きっとクオリティの低さこそがロックなんだろう。きっとそうだ。そう勝手に解釈して部屋に飾る事にしたんだ。

037

次は立版古(たてぼんこ)という江戸時代の紙のジオラマを現代に蘇らせたというおまけだ。

とりあえずこれはこのまま眠らせておこう。

038

続いて、何やらペーパークラフト的なやつが入っていた。

どうやらこれは50年前のオリジナル版に入ってたおまけの復刻の様だ。

039

やや気難しい付録が続いたところでようやくライナーが登場!

040

夜にこんなのを読むと麻酔銃に撃たれたように眠くなるが、がんばって少しずつ読破!

今回、発売前にこのライナーから引用されて、購買欲をかきたてられた紹介文が

「まるで透明人間になってアビィロードスタジオでの録音場所にいる様に感じる。」だった。

なんという素晴らしい表現なんだ!どうしても買って聴きたくなったよ僕は。

いつも思うんだがライナーなんかに載っているビートルズの時系列なんかみると唖然とする。

このサージェントペパーズなんか、マッシュルームカットで日本武道館で来日公演を行ってから1年経ってないんだぜ!

この次の年にホワイトアルバム。そしてさらに1年後にアビーロードって、、、、。

どんな目まぐるしい時代だったんだろうか。

041

続いて写真集だ。重厚感すら漂うかなりのボリュームだ。

042

しかしビートルズはいつまでも見た事の無い写真が出てくる。

ビートルズを追っかけていたカメラマンを追っかけた写真なんていう理解に苦しむ写真なんかも見たことがある。

この写真集には録音したマスターカセットが入っている紙袋の写真なんかも載っていた。オレはまだまだ紙袋の写真を見て興奮する域にまでは達してないので、ここはひとまず静観する事にした。

044

さて、ようやく音源に辿り着いた。

今回はCD4枚とDVD1枚、ブルーレイ1枚だ。

まずはディスク1のオリジナル盤のリマスターから聴いてみた。

・・・・・全く違いがわからん!

5年くらい前に発売されたリマスター盤は本当に凄すぎてビビったが、今回はサッパリ違いがわからん!

じっくり聴き比べたら少し違いがわかるのかな。

045

今回はここからが勝負だ!

ディスク2からは未発表テイクがいっぱい入っている!

ジャケットもポーズを取る前のショットでとても最高じゃないか。

さあ!聴いてみよう!

いきなりストロベリーフィールズフォエバーのアウトテイクの5曲連続に続いて、1曲挟んでペニーレインのアウトテイク3連続だ!

攻めてるなぁ!

だって、ストロベリーフィールズもペニーレインもこのアルバムに入ってない曲なんだぜ!

確か同時期に録音されて先行シングルになったけど、結局アルバムには収録されなかったはずだ。

なんでこんな良い曲をアルバムに入れなかったんだろうというアルバムはいっぱいあるんだよ。

ジャンピングジャックフラッシュが入っていないベガーズバンケットとか、ホワットエバーが入っていないモーニンググローリーとか、リフトが入っていないOKコンピューターとか。

きっとサージェントペパーズにストロベリーフィールズとペニーレインの2曲が入っていれば、ビートルズのアルバムの中でも白眉だったんじゃないかな。

あとの2枚も、こんな感じで聴きごたえのあるアウトテイクが揃っている。正直こっちの方が好きかもという秀作もたくさんあった。

 

と、いう事で、今日は最近買ったサージェントペパーズの50周年盤について久しぶりにこのHPを更新してみた。

やはりビートルズは面白いなぁ。何を聴くかに困ったらビートルズ。困らなくてもビートルズだよ。

オレはそんなビートルズの中でもリボルバーからサージェントペパーズ、マジカルミステリーツアーあたりの悲劇的な感じがするジョンが好きで、最近までは圧倒的にジョン派だった。

でも何年か前に初めてポールのコンサートに行ってからは、もうポールのズバ抜けた才能を堪能できるアビィロードばかり聴いていた。しかし今回のサージェントぺパーズを50周年盤であらためて聴くと、アウトテイクからも感じる中期の4人の才能がせめぎ合ってる感が良かった。仲も良さそうだし。

次はホワイトアルバムの50周年盤が出るのかな。イエローサブマリンなんかヘイブルドックのアウトテイクなんかあったら最高じゃないか。マジカルミステリーツアーも聴きたいし、まだまだ掘り上げて行って欲しい。

こりゃ、今からサージェントペパーズの60周年盤が楽しみだ。、、、、、以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



0
comments

Leave a Reply

© 2019 MITSUI co.,ltd. all rights reserved.